ほんわか広場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昨日は月に1度の「まちの保健室」

雨のせいかいつもよりお客さんが少なかったかな?
(お金は取りませんけど(笑))

そもそも「まちの保健室」

って何?

と思われる方もいらっしゃることでしょう


説明します。


兵庫県看護協会(日本看護協会だったかな?)

が主催の健康に興味を持ってほしいという月に1度(ほかのところは知りませんが)の健康チェックです。

2つ機械が(いわゆる体重測定みたいな機械ともうちょっと進化版みたいな機会です)

それでまずは測定します。(ここは主に学生が担当)年齢と身長を入力していざ測定スタート。

家にある体重計のような機械では体重・体脂肪・脚点の測定をします。脚点は90点を超えていたら合格ラインです。その結果をシールに書いて手帳に貼ります(手帳は随時お渡しします)

そして進化版の機械で体重をはかり、身長・年齢・性別を入力してTANITAの機械みたいにハンドルをもって静止。

そしてプリントアウト。

ここまでは学生がいれば学生が、いなければ大学の先生が測定してくれます。

その紙とシールを貼った手帳をもっていざ健康相談。

看護師免許、看護師と保健師の免許を持っている(うちでは大学の)教員が血圧を測りその後、様々な健康相談にのっていきます。何を話してもいいし、心配事や病院にかかってるけど医師には言いにくいこと(時間的に)などどんどん質問していってください。
何度も来ている人は今までのデータを見ながら、初めての人はその日の記録を見ながら丁寧に答えていきます。

何分かかってもいいので30分以上相談している方も多くみられます。


勿論、時間がなくて血圧測定だけなんてこともできます。

十分納得したらお土産(今はタオルハンカチとバンドエイド)をお渡しして終了

無料だし、暇だし、ちょっと興味持ったなーと思ったら寄ってってくださいな。

いつでも笑顔でお出迎えします!


というわけで昨日は6人の教員と学生1名でしてきました
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。